« 封建的な価値観 | Main | 先入観と愛 »

共依存

 ふとしたきっかけで、共依存に関して書かれたものを改めて読んだ。以前にも読んで、気をつけねばいけないと思っていたものである。


 自立、自立と書いてはみたものの、果たして自分は自立できているのか。
 それは、ずっと若い頃からの自分の問いだった。
 今でもずっと昔の母の話ばかりするわたしは、母から流れてくる「自立していないという気持ち」の不満をずっと受け止めていた。以前にも書いたけれど、母の教育方針は子供の自立。その中には、母自身が自立したいという思いも含まれていたのではないだろうかと思う。
 そうやって、自立を強く促され、性格を制御され、共依存になっていった。

 人に依存することを恐れたから、一人で自立することを願った。仕事として研究を選んだのも、一人で取り組めるからだったのかもしれない。
 その目標が、他者への依存も入り混じりながら、そこそこ成就した頃。自分の中のそうした性質はかなり薄らいだ。

 そのタイミングで、今度は教育という形で、他者からの依存を引き受けることになった。
 家族以外からの依存を受けるのは初めての経験で、どうあつかっていいのかわからなかった。結局、家族のような気分で、彼らの依存をまるまる引き受ける教員になってしまった。それが、初期の辛い時期だったのだろう。そこには、上司との方針の違いもあった。

 わたしのなかには、やはりある程度の相互依存関係を求める心理が働いているのだろう。そのバランスを取るために、自分と共鳴できる人たちを自分の仲間とする。自分の求めるものなんて、善悪なんて崇高なものではなく、単にそういう関係性に過ぎないのだと知った。

 しかし、結局、わたしはそれを放棄してしまった。一番の理由は、そういう関係を維持するのには金も精神力も要るが満たせないという孤独な不安。そして、相互依存関係を構築する大人のコミュニティーに我を張れない弱さからだった。

 もちろん、誰のせいとか言うわけじゃなく、自分の決断だった。もう少し修行が必要だと思った。
 ただ、変なのは、そこでがんばれば良いのに、リセットしたくなる自分だった。一度、ご破算にしたいと思うのはなぜだろうか。
 その結果、部屋の存続を願う後輩などから、恨みも買っただろう。ただ、恨み自体が他者への依存であると思えるから、今や平気だけれど。


 そんなタイミングで、ある人の心と向き合ったとき、自分と同じものを持っていると思った。
 それには、互いの背負ったこの性質も含まれているのだと思う。


 ところで、共依存の人の判断基準は、「依存的な人」を見た時に、腹が立つかどうかだという。自立できていれば、人の所業に腹が立つはずもない。

 わたしはもともと腹が立たないほうの人間であるように思う。そこには諦めもかなり含まれているから、自立とは少し違うけれど。ただ、時折、無理難題を押し付けられるとき、依存的な人が回りに溢れているように感じ、苛立ってしまうこともある。彼らはなぜ、そういったことを自立的にできないのかと。
 とはいいながらも、仕事に没頭して自立的なひとの中にも、共依存的な人がいるのだとは思う。

 こんなことを書いていると、依存がすべて駄目なのかという気分になってくる。
 今や、相互依存を感じさせない自由な人間が、ただあちこちに独立して存在しているという印象がある。昔に比べて、個人主義が進んでいるように思う。古い世代は、無責任な若者が増えているというが、そういう不満のなかには、相互依存なくして人間はそもそも生きられるのかという習慣からの問いが発生してしまっているのだろう。

 もちろん人は一人では生きていけない。
 でも、経済活動を含めずとも、見えざる関係はあまた存在する。
 それに比べて、これまでの依存関係は、無自覚にも、あまりに自然な形で、具体的に見える形のものが求められていたのだろうか。

 しかし、それでは立ち行かなくなってきている。個々人の活動が、社会の活動がより活発になっている。以前と比べても、世の中は忙しいような気がする。周りが見えなくなっても仕方がないような気さえする。しかし、その分、一人で生きていける気分が蔓延する。
 そうなってくると、依存関係を「自覚的」に使えるかどうかということが問われているのだろうと思う。それは、共依存からの脱却にもつながってくる。存在そのものを自らの力で肯定し、そのあるがままで価値のある存在同士が、如何に関係性を構築するのか。それには無自覚ではいられないはずだ。


 遅々とはしているものの、適切な人間関係がだんだん分かってきている。とは言いながら、社会の価値観が変化する以上、いつまでたっても模索なんだろうなとも思っている。この問題は、自省しつつ考え直してみたい。

|

« 封建的な価値観 | Main | 先入観と愛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/16745287

Listed below are links to weblogs that reference 共依存:

« 封建的な価値観 | Main | 先入観と愛 »