« 背負ったものを諦める力 | Main | 不信と孤独 »

きっかけとしての文章による表現

 文章は非対称性表現の最たるものである。

 と言い放った後で、勝手に私が作ったこの未定義なコミュニケーション、生命間の情報伝達の用語を整理する。

 反対称性表現:互いに情報が交換される。それは結果的に等価交換を目指すものである。
 非対称性表現:一方的な情報が流される。これは押し付けであって、一般に権威が存在せねば受け入れられない。権威が存在しない、つまり対等な関係にちかければ、受け入れられないこともあるが、それは受け手の選択性が許されるということである。

 つまり、非対称性表現は一側面として権威によって押し付けられる情報と定義したが、それだけでは終わらないのが、この方法論である。

 書籍などの文章表現では、書き手と読み手が直接対面することがない。そのために、出版されているという権威だけを受了すれば、あとは自在に解釈が可能なのである。対面しなくていいがゆえに、おおよそ相手を慮る必要がない。ということは、勝手な解釈が出来るということで、これが以前どこかに書いた誤読であり、誤読から新しい可能性が生まれるということになっていく。

 ということは、この意味では文章とはきっかけに過ぎないのであって、信奉したりする何かではないはずだ。

 これは、書籍のような一対多の関係性ではなくて、一対一の関係、つまり、手紙-メール-携帯メール-電話-会話の手段としての意味的相違にもつながっているように思う。

 手紙は、相手のことを計りつつも、届くタイミングは相手の状況を踏まえない。しかし、文章表現であるがゆえに、誤読が可能で、有無を言わせないことはない。基本的に純粋な非対称性表現に近い。

 会話の即興性は反対称性からきていて、対等な関係性を志向すれば、相互に自発的に等価に交換できるような情報を選択してしまう。つまり、一方的に押し付けるようなコミュニケーションにならないという問題がある。このため、必要な情報が流れない危険性をはらむ。しかし、共有した時間というまた別の意味合いが含まれうる。
 一方、必要な情報を流そうという意思が強くなれば、即興性は失われ、明らかに暴力になる。非対称性表現にある誤読可能性が奪われたこの形式は、個人の尊厳への挑戦となる。

 電話はその間にあるコミュニケーション手段である。顔色をうかがうことができず、声色という操作可能性もある伝達方法を使えば、さまざまなニュアンスが伝えやすい。そして、即興性が使えるものメリットになることがある。

 同じように考えれば、メールは、手紙よりは気楽で、しかし電話ほどの即興性はない。しかし、記録性があって、手紙のようにも読めてしまう。つまり、誤読が可能なのだ。しかし、手紙と違って即時性が高い分、当事者間での誤読可能性は低くなっている。

 このことは、秘話性にもつながる。録音可能性、印刷可能性などなど。想像するだけで恐ろしい。

 これらはテクニカルな問題だが、人間関係を重視するなら、今一度考えておくべきだと思うのだが、どうだろう。

|

« 背負ったものを諦める力 | Main | 不信と孤独 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/15544245

Listed below are links to weblogs that reference きっかけとしての文章による表現:

« 背負ったものを諦める力 | Main | 不信と孤独 »