« 幼いときの勘違い | Main | 人情・理屈・感性 »

アニマル・ヒーリング

 現代人のストレスは尋常ならざるものになってきているという。
 わたしもしんどいなと感じることが多い。
 それを癒す方法の開発が急務である。

 そんなストレス解消法の一つに、アニマル・ヒーリングがある。
 これは、字のごとくペットを飼うことで、癒されようというものである。

 わたしはペットを飼うことに魅力を感じていない。多くの生き物は、人間の寿命よりも短く、その死を送ってやることが忍びないと思うからである。

 死による別離は本当に切ない。その切なさをいずれ迎えるなら、ペットの側に人間と生活するメリットが感じられないこの種のやり方はよく理解できない。

 それとともに、ペットを飼うことで癒されることの原因と意味を考えると、あまり美しくない人間のエゴが見えてくる。

 先日、NHKの番組で発達障害児の家庭を取材していた。その子は、知能の発達に遅れがみられるという。しかし、自閉症ではなく情緒も豊かであるように見えた。

 母親が散歩の途中でしきりに近隣の人に声をかける。どうも、その様がペットを連れた散歩とだぶって見えた。

 もちろん、その子がペットだというのではない。しかし、その母親は、手の掛かる庇護されるべき存在と、常に優位な立場で関わっているように見えた。普通の親子関係にもその一端はあるが。

 ところで、ペットが可愛いのはどうしてか。

 わたしはその母親を非難するつもりは毛頭ない。彼女は、子に対する責任を放棄することはないだろうから。

 しかし、ペットが癒しの道具であるのなら、わたしにはそれは薄気味悪い。
 ただ、きれい事をいっても始まらない。われわれは、日々、生命を頂いて生きている。
 ペットをありがたく利用させていただくことだって、それと大差はない。弱者はそうやって生き延びるしかないのだ。

|

« 幼いときの勘違い | Main | 人情・理屈・感性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/15525511

Listed below are links to weblogs that reference アニマル・ヒーリング:

» 悩み? [���問題解決711���情報のコンビニ]
「ポジティブに生きよう!」と思って、毎朝何か工夫しているひとは多いと思います。実はわたしもポジティブシンキング派ですが、毎朝にいつもおこなっている習慣があります。ご参考まで!まず朝はいつも目覚め爽快です!この数年間めざまし時計なしで起きています。なぜなら、寝るのが早いからです(笑)大体こどもたちと一緒に同じ時間に寝ます。(9時���10時)で、朝は5時くらいに目がさめます。当然土日でもです... [Read More]

Tracked on June 23, 2007 at 05:18 PM

» アスペルガー症候群とは 障害児にかかわる家族に、教師になにができる? [アスペルガー症候群 正しい理解が障害を克服する]
アスペルガー症候群とは 障害児にかかわる家族に、教師になにができる? アスペルガーの子どもの悩みと特性に気づき、正しい対応をするために [Read More]

Tracked on June 29, 2007 at 10:30 AM

« 幼いときの勘違い | Main | 人情・理屈・感性 »