« 人情・理屈・感性 | Main | 後だしジャンケン »

出会いの因果と信頼関係

 人は何かをきっかけにして出会ってしまう。
 その出会いそのものは、偶然であるかもしれない。しかし、その後に構築される関係性においては、個別の性質を出発物質として、なんらかの反応が起き、新しい物質が作られる。
 そのことがうまく行っているときはあまり意識されないプロセスである。人はよりよい生き方を模索して貪欲に生きている。世界は変化する。ゆえに、常に、新しいものを求めている。

 ところで、われわれはふだん冷静なときには、理性で自分を制御している。

 しかし、個人の尊厳が傷つけられ、理性の力が奪われてしまっているとき、自分を制御できなくなるのかもしれない。そうなると、さまざまな欲求が噴出する。当然、それは周囲を傷つける。

 そうやって傷つけられた者の生命力は一時的に弱くなる。
 傷ついたものは、それを癒さねばならない。そんなときに援軍もなく孤立すれば、耐え切れない恐れもある。そのまま潰えてしまうのであれば、それはそういう宿命を負っていたという言い方しか出来ない。生命力は周囲に学びつつ自ら手に入れていくものである。

 そうやって潰えた者の記憶が、後悔の念とともに、また他の生命の力を奪っていく。それが悪循環なのだろう。変化を恐れる強い循環の力は、容易に人を巻き込んでいく。

 さて、人は理性で自分を制御しているがゆえに、自分が責められたとき、自分の信頼してきた理性を否定されているような錯覚を覚えてしまう。

 しかし、実際に責められているのは、これまで背負い込むことになった運命とそれへの対処の結果であり、理性、ましてや全人格の否定ではないことを思い出したい。誠実に生きてきたものであれば、その点を責められることはないはずだ。しかし、だからといって人を責めるのは誤りだ。そうしたとして一体何が解決するのか。気持ちを無視して、理屈に生きたとして、それがなんなのだろうか。それが因果というものである。難しいことではあるが、危機のときこそ冷静に理性に従うべきである。

 ところで、女は妊娠・出産によって、因果で結び付けられたかけがえのない関係性を手に入れる。男には、それを意識することができる必然は残念ながらない。それが、ここに書いたオノ・ヨーコの言葉の意味なのだと思う。しかし、男だってかけがえのない関係性が手に入らないわけではないはずだ。

 そのことを互いに了解したとき、信頼関係が生まれるのだと思う。

 あと…。少なくてもいいから、いい友人が居れば、いいのだけれど。

|

« 人情・理屈・感性 | Main | 後だしジャンケン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/15542291

Listed below are links to weblogs that reference 出会いの因果と信頼関係:

« 人情・理屈・感性 | Main | 後だしジャンケン »