« 経験・理屈・感性 | Main | 嫌われる覚悟 »

ユーラシア大陸の東の極みの島々

 政治的なことを書くのはこれまでなるべくしないようにしてきた。政治に関心はあるものの、争いに巻き込まれるくらいなら、流されるほうがまだ自分の趣味に合っているから。

 そんなわたしでも、はっきり言って、個人としての中国人はともかく、国家としての中国は脅威である。このことは、歴史がすべてを物語ってくれるだろう。であるからこそ、開国以後プライドを捨てて、欧米の技術を先に学んだわが国は、欧米列強が迫る中、彼らを侵略しえたのである。

 この心情は、極東の海を隔てた人々にとっては、共感できるのではないか。陸続きで何度も侵略の憂き目に会った国々とは、考え方が違って然るべきだと思う。

 どちらがいいというのではない。それが歴史だから。パックス・アメリカーナの下でも、価値観を変えることは難しいし、そのことによって現状自体が崩壊する可能性もないわけではないのだ。

 中国が有人宇宙飛行に乗り出した。この国威発揚策はとても危険に感じるが、それはコイズミ的な発想だろうか。

|

« 経験・理屈・感性 | Main | 嫌われる覚悟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/6374653

Listed below are links to weblogs that reference ユーラシア大陸の東の極みの島々:

» 軍事機密漏洩2 [〜歴史の小噺〜]
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 既存のメルマガでの稼ぎ方の概念を崩します!メルマガを使った全く新しい収入の仕組みを詳細解説!部数の増やし方から、実際のキャッシュポイントの作り方まで!メルマガを使って、収入と自由な時間を獲得! あの田淵さんの書いた本で...... [Read More]

Tracked on October 16, 2005 at 10:30 AM

« 経験・理屈・感性 | Main | 嫌われる覚悟 »