« いつまで戦後なのか | Main | 合理性の追求の果てに »

東京裁判と靖国問題

 国の内外に関わらず、首相が靖国神社を参拝することに違和感を感じる人は実際多いのだろうか。

 中韓の人々は、A級戦犯が合祀されているから行くなという。しかし、その感覚は少しばかり理解に苦しむ。
 我々日本人は戦争を起こし、敗れた。その間、さまざまな非人道的な行為があったことは否定できないだろう。しかし、それはあまねく日本人の上に覆いかぶさっている。戦没者を追悼するということは、そういった日本人の犯した罪を今一度見つめなおし、再び同じ過ちを繰り返さないようにという祈りである。それはA級戦犯も含んだ追悼であり、懺悔であり、祈りでなくてはならないのではないか。罪を憎んで人を憎まず。東條英機はヒトラーじゃない。それが、愛国心の芽生えつつある私の本音である。
 といっても、そういう感覚自体が、他国には通じていないのだろうと思う。ここからは、少し違った観点で書いてみたい。

 さて、問題となっているのはA級戦犯である。極東軍事裁判のことを考えてみると、戦勝国が戦敗国を裁くという異例の事件であったことは誰もが感じるところだろう。しかし、莫大な賠償金を支払わされた一次大戦の反省に基づいての策であったのだろう。理想的な手段がない中で考えられた手立てだったのではないか。

 A級戦犯は事実、罪人となった者である。これは、世界が結局受け入れてしまったことである。確かに国際法上の疑義があり、一部の判事も判決に反対した。そのうえ、我々日本人にそれを拒否する権利はなかったかもしれない。しかしながら、無条件降伏したこの国で、誰かが責任を負わねばならなかった。そのなかで、押し付けであったかもしれないが、戦争を決断した為政者たちが中心に裁かれたのである。その結果は、他の国々にとっても、戦後賠償としての円借款などの経済援助などに付け加わった何がしかの印象を残したはずである。
 そして、天皇制は存続し、そのこと自体を問う動きは今はない。それは国外からにしても同じである。それはなにか暗黙の了解ということだろうか。

 いずれにしても、勝とうが負けようが、戦争の責任は民族が負わねばならないだろう。一部で戦争に反対した者が居たとしても、だからといってそれからは免れるという問題ではない。戦争を止めることが出来なかったという意味では同じなのである。もちろん、為政者に近いかどうかという意味での重さの違いはあるだろうが。現に、ベトナム戦争を初めとして、その後の戦争で勝利した米国は、さまざまな問題を背負い込んだ。
 それが戦争であり、歴史であり、社会であり、政治というものだ。であるなら、我々が背負う責任を彼らA級戦犯が肩代わりしてくれたのではないのか。そのことは、戦犯に対する減刑嘆願運動の高まりにも見ることが出来る。国民は心的には彼らと決して遠くないところに居たのだろう。

 そのときに、責任を果たしたかどうかの判断は誰がするのか。自分達の判断でいいわけがない。それを決めることに外から意見があったとして、それを内政干渉だというのはすこしおかしくないだろうか。
 憲法にしても、これは自分達が望んだ結果じゃないって、今になって言うことにはどんな意味があるのか。これまでの戦後の日本を否定するということなのだろうか。
 こうした動きが、新しい世界政治の渦の中で起きていることは疑いようのない事実である。米国シフトなのか。東アジアに独自の価値観の勢力を構築するのか。微妙な舵取りが迫られている。

|

« いつまで戦後なのか | Main | 合理性の追求の果てに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/4311968

Listed below are links to weblogs that reference 東京裁判と靖国問題:

» 東條英機がA級戦犯に値するのか? [1喝たぬき]
東條 英機(1884年12月30日〜1948年12月23日)。日本帝国陸軍軍人、政治家。陸軍中将東条英教の長男として東京に生まれる。学習院、府立4中、東京陸軍幼年学校、陸軍士官学校17期、陸軍大学校を卒業。統制派。メモ魔で、「努力即権威」が座右の銘。軍人というより役人と言っ... [Read More]

Tracked on June 18, 2005 at 02:59 PM

« いつまで戦後なのか | Main | 合理性の追求の果てに »