« 明治の文豪と速読の意義 | Main | しばらくおやすみ »

久しぶりの歯医者

 歯医者なんて20年ぶりだ。毎年、花粉の時期になると、親不知が疼きだす。疲労したりすると、なおさらだ。神経のバランスを実感する。
 その右上の親不知が虫歯で欠けたのは10年くらい前だろうか。明らかに歯髄腔が露出して、神経に障るのだ。とはいっても、それほどひどいものじゃなく、眠れないとか、鎮痛剤を飲むとか、そんな大層なレベルじゃあない。

 ところが今年は痛みがひどい。昨晩は痛くて眠れなかった。以前から分かっていただけあって、今回は私も素直になる。そろそろ年貢の納めどきか。
 覚悟を決めて、ネットで親不知抜歯の話を見ると、あるわあるわ。見ているだけで辛くなる。
 その昔20数年前、小学生だった頃。近所の歯科に行ったところ、そこで虫歯だった数本の乳歯をごっそり抜かれた。抜くのは良いけど、そこはキズになるから後がしんどいのだ。あのときの印象が蘇ってくる。

 さて、うちの近所と最寄り駅周辺には、あわせて10軒以上の歯科医院がある。仕事を少し早めに終え、自宅の目の前にある歯科医院をチェック。ほとんど人の出入りがない。ネットでもなんの評判もない。最近新装開店したというのに…。ここは見送ろう。
 他にも、数件が目の届く場所にある。なんで歯医者ばっかり。それも、似たような雰囲気。小児科が少ないと言われているのに、この供給過剰ぶりに改めてやりきれない気分になる。もちろん、医者と歯科医は違うのだが。そんなことを思いつつ、駅のそばを探すことにし、最寄り駅のほうに歩き出す。
 その駅の周りには小奇麗だったり、休日診療や夜間診療などの魅力的な文言が目に付く医院が目白押しだ。ちょっと歩いただけで5-6軒。駅の反対に出ると、そこにも数軒。ネットで評判をチェックしていたとはいえ、正直言って悩む。

 ネットで見ていた1軒に覚悟を決め、階段を上ると、診療待ちの患者が数名。ここなら実績もあるかなと思い、思い切って保険証を出しながら、初診である旨を告げる。アンケートに答えつつ、歯医者を怖がる子供のような心境に。
 暫く待って呼ばれてみれば、すぐにレントゲンを撮りましょうと。昔は歯にフイルムか何かを差し込んで撮っていたはずなのだが、妙な機械に案内され、変な格好をさせられる。その結果を見て唖然。どうせ抜くだろう痛んでいる欠けた歯はともかく、それ以外の親不知が曲がって生えている。ああ、これはそのうちまた抜歯かと暗澹とした気分になる。
 抜歯はあっという間に済む。拍子抜けするくらい。今日はそれで終わり。しかし、家に着くころには、麻酔が切れて堪え難い。鎮痛剤を飲んで一時間。ようやく落ち着く。その後快癒して、医者にも順調だと言われ、一安心。

 わざわざ傷をつけるというのは、堪え難い。しかし、それによって良い方向に向かうのなら、超えねばならないのではないか。面倒だとか、その場がしんどいとか。そういう一時的な感情に流されていたのでは、真の快さは得られない。とはいえ、それなりの覚悟で望まなければ。うまく行かなかったときのフォローも念頭に置かねば、望むものは得られないだろう。

|

« 明治の文豪と速読の意義 | Main | しばらくおやすみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/3024133

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりの歯医者:

« 明治の文豪と速読の意義 | Main | しばらくおやすみ »