« ああ、ぐちぐち | Main | 就職活動と自信 »

大学院の存在意義と若者の変質

 以前、「博士の悲哀」なんてのを書いた。その後、「ひきこもる小さな哲学者たちへ」を読んでいて、なんとも寂しい現実に、大学ってどうなっちゃったのって思わざるを得ない。

 昔なら「末は博士か大臣か」と言われたものだったろうが、今や博士の価値は落ちる一方だ。
 雇用のバッファーとして機能し始めた大学院。東大を筆頭とした大学院重点化によって、雇用率の低下に対応して若者の受け皿を用意したのである。
 このことは、大学や学位の権威を利用したうまいやり方だった。しかし、権威はそれによって奪い去られてしまった。その代わりに競争的資金調達や特許などの目に見えるものばかりが、もてはやされるシステムになってしまった。ある意味うまく仕組まれたやり方だったかもしれない。金とは違う独立した価値観を持っていた大学を貶めることは、権威筋からすれば痛快なことだったかもしれないから。と、そんな陰謀説はともかくとして…。

 ところで、若者達は就職活動をして初めて、自分の思い込みが安易だったことに気付く。本学の様子を見ても明らかなことは、修士の研究職への就職に限定すると、学部からの内部進学者は希望が叶っているが、他大学からの学生には本当に厳しい。そして、そこで恐れをなして、もう一度じっくり準備しなおそうと思う者もいる。つまり、問題を先送りする修士から博士への進学である。「博士の悲哀」にも書いたが、博士に行くと更に就職率が悪化するのだ。ますます厳しい競争の中に入っていくのである。
 私の知り合いの博士号取得者は、すぐにその方面での就職が見つからず、パチンコ屋の店員をしていた。今の仕事は、研究機関の下請け業務を行う会社の社員である。これは極端かもしれないが、もっと卑近な例では、研究開発に関連する分野のメーカーの営業さんの中に、学位取得者が見られるようになった。このことは、学位の一般化であり、大学院進学=研究者という等式が崩壊しつつあること、また、専門的な知識がさまざまの場面で必要になって来ていることを示している。だから、人材採用の見地からは、従来と違って、大学院卒でさえ玉石混交であり、学部卒採用のような別の視点が必要になってきている。博士の増加は、社会に翻弄された学生の都合で進学しているという事態を招いているが、だからこそ受け入れ側の研究職の増加には繋がらない。
 そして、うちのラボは毎年数名の進学者がいる。このことが安易な進学を助長している可能性がある。自分もどうにかなるんじゃないかという思いだ。就職できなくても仕方ないなんて覚悟があるとは思いにくい。確かに学術論文は作れるんだが、それだけじゃポスドクの職を得るには不十分なのだけど、それがあまり理解できていないようだ。あんまり私の言うこと聞いてくれないしね。学徒としての研究はそろそろ卒業して欲しい。お仕事としての研究って、そんな生ぬるいものじゃないんだけどなあ。言われたことくらいきちんとやってね。プロの緊張感以前の問題だよね。

 そもそも研究とは一体なんだろうか。この問いに直ぐには答えられなくとも、そのことを模索し続けようという気概が感じられない人が多すぎるように思う。それ以前に、人生の意義を安易に思いつけるためにこの仕事を選ぼうとしている人が多すぎるように思う。確かに、今の世の中は個人にアイデンティティを強く求められている。能天気な者からさえ、それが得られない不安感だけが伝わってくる。その不安感は自分はこんなもんじゃないっていうプライドの裏返しとも取れる。だから、学歴に満足しちゃうと、ずるくなる。それが世間の価値からずれていても、それを見ないようにする。
 才気に満ち溢れた人間にはこんなことは言わない。そういう者だけが、こんな問いを課さずとも研究者として生きていける存在で、それ以外は無理なのか。岡潔先生の本を読んで自らを慰めているわたしには、言い切りたい欲求もあるが分からない。すぐに結果が見えないのが教育であろうし、先が読めないからこそ若者には可能性があるとは言え…。
 研究者を目指して大学院に進むのは構わない。しかし、幾ら優秀だとしても、それ以外のさまざまな理由で道が閉ざされることもあろう。厳しい現実を知れ。そして、それに邁進せよ。後は自己責任だ。
 いずれにしても、「知」をネタに喰うなら、もっといろんなことを勉強した方が良いと思うんだけど。専門書以外は漫画しか読まないってのもなあ。

|

« ああ、ぐちぐち | Main | 就職活動と自信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/2753539

Listed below are links to weblogs that reference 大学院の存在意義と若者の変質:

« ああ、ぐちぐち | Main | 就職活動と自信 »