« November 2004 | Main | February 2005 »

大学院の存在意義と若者の変質

 以前、「博士の悲哀」なんてのを書いた。その後、「ひきこもる小さな哲学者たちへ」を読んでいて、なんとも寂しい現実に、大学ってどうなっちゃったのって思わざるを得ない。

 昔なら「末は博士か大臣か」と言われたものだったろうが、今や博士の価値は落ちる一方だ。
 雇用のバッファーとして機能し始めた大学院。東大を筆頭とした大学院重点化によって、雇用率の低下に対応して若者の受け皿を用意したのである。
 このことは、大学や学位の権威を利用したうまいやり方だった。しかし、権威はそれによって奪い去られてしまった。その代わりに競争的資金調達や特許などの目に見えるものばかりが、もてはやされるシステムになってしまった。ある意味うまく仕組まれたやり方だったかもしれない。金とは違う独立した価値観を持っていた大学を貶めることは、権威筋からすれば痛快なことだったかもしれないから。と、そんな陰謀説はともかくとして…。

 ところで、若者達は就職活動をして初めて、自分の思い込みが安易だったことに気付く。本学の様子を見ても明らかなことは、修士の研究職への就職に限定すると、学部からの内部進学者は希望が叶っているが、他大学からの学生には本当に厳しい。そして、そこで恐れをなして、もう一度じっくり準備しなおそうと思う者もいる。つまり、問題を先送りする修士から博士への進学である。「博士の悲哀」にも書いたが、博士に行くと更に就職率が悪化するのだ。ますます厳しい競争の中に入っていくのである。
 私の知り合いの博士号取得者は、すぐにその方面での就職が見つからず、パチンコ屋の店員をしていた。今の仕事は、研究機関の下請け業務を行う会社の社員である。これは極端かもしれないが、もっと卑近な例では、研究開発に関連する分野のメーカーの営業さんの中に、学位取得者が見られるようになった。このことは、学位の一般化であり、大学院進学=研究者という等式が崩壊しつつあること、また、専門的な知識がさまざまの場面で必要になって来ていることを示している。だから、人材採用の見地からは、従来と違って、大学院卒でさえ玉石混交であり、学部卒採用のような別の視点が必要になってきている。博士の増加は、社会に翻弄された学生の都合で進学しているという事態を招いているが、だからこそ受け入れ側の研究職の増加には繋がらない。
 そして、うちのラボは毎年数名の進学者がいる。このことが安易な進学を助長している可能性がある。自分もどうにかなるんじゃないかという思いだ。就職できなくても仕方ないなんて覚悟があるとは思いにくい。確かに学術論文は作れるんだが、それだけじゃポスドクの職を得るには不十分なのだけど、それがあまり理解できていないようだ。あんまり私の言うこと聞いてくれないしね。学徒としての研究はそろそろ卒業して欲しい。お仕事としての研究って、そんな生ぬるいものじゃないんだけどなあ。言われたことくらいきちんとやってね。プロの緊張感以前の問題だよね。

 そもそも研究とは一体なんだろうか。この問いに直ぐには答えられなくとも、そのことを模索し続けようという気概が感じられない人が多すぎるように思う。それ以前に、人生の意義を安易に思いつけるためにこの仕事を選ぼうとしている人が多すぎるように思う。確かに、今の世の中は個人にアイデンティティを強く求められている。能天気な者からさえ、それが得られない不安感だけが伝わってくる。その不安感は自分はこんなもんじゃないっていうプライドの裏返しとも取れる。だから、学歴に満足しちゃうと、ずるくなる。それが世間の価値からずれていても、それを見ないようにする。
 才気に満ち溢れた人間にはこんなことは言わない。そういう者だけが、こんな問いを課さずとも研究者として生きていける存在で、それ以外は無理なのか。岡潔先生の本を読んで自らを慰めているわたしには、言い切りたい欲求もあるが分からない。すぐに結果が見えないのが教育であろうし、先が読めないからこそ若者には可能性があるとは言え…。
 研究者を目指して大学院に進むのは構わない。しかし、幾ら優秀だとしても、それ以外のさまざまな理由で道が閉ざされることもあろう。厳しい現実を知れ。そして、それに邁進せよ。後は自己責任だ。
 いずれにしても、「知」をネタに喰うなら、もっといろんなことを勉強した方が良いと思うんだけど。専門書以外は漫画しか読まないってのもなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ああ、ぐちぐち

 そこここにある大学教員のBlogを覗けば、共感を覚えることばかりだ。今日もここを見ていて、ああそうだなと。そして、そのネタ元を見ていて暗澹としてくる。最近は愚痴ばっかりだが、こんな状況を放置していたら、やる気のある人間は大学からいなくなっちゃうよ。

 わたしが愚痴るのは、いやな法則じゃないけど、以前によりよい時間を過ごしたからだ。つまり、こういうこと。自己顕示欲を満たすだけで生きているような人種にはわからんだろうが、仕事の面白さって言うのはこういうことなんです。その意味では、大学ってのは、そこを目指して学生さんを鍛錬させる場なのだろう。それに皆が堪えられなくなってくると、年長者が勝てる勝負を繰り返して、安易に自己顕示欲を満たすほかなくなっちゃう。

 わたしももう4月にはひとり立ちせにゃいかんのに、こんなぐちぐち言ってたら駄目なんでしょうね。ヒトに頼るんじゃなくて、自立して、プロとの出会いを増やせばいいことなんだけどね。内弁慶だからな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歴史を学ぶ?

 この年末年始は仕事に集中しようと思っていた。溜まりに溜まった残務を処理しなければならなかったから。にも関わらず、日頃の雑務からくる倦怠のため、どうもこれに集中できないように思えた。であるなら、まとまった時間をそれに費やすより、いや増した日頃の疑問と自らの不勉強から来る歴史認識の甘さを改善しようと思った。 この思いは、昨今の朝鮮問題や中東問題に触発され、ひいては私の外交観・戦争観に対する認識の曖昧さに対する不満から来ている。日本史・世界史には高校生以来大した時間を費やしていない。このようないい加減さでは、腑に落ちないものが多すぎた。

 朝鮮とのかかわりを理解するには、明治維新以降の日本の対外戦争に対する認識を確立することが大事だと考えた。もちろんそれ以前にも、日本は朝鮮に日本府を置いた時代があるし、秀吉の明征服を目指した朝鮮出兵も行っている。しかし、前者は日本史のみならず東アジア史の混沌とした時代のことで、憶測の域を出ない。また、後者は、多少調べたものの、秀吉の意図を正確に記述したと思しき文章が見当たらなかったため、今後の課題とした。
 さて、ネットや些少な文献を当たった結論として、この一連の戦争は収奪戦の意図のみならず、理想郷としての大東亜共栄圏の樹立への想いがあったことは事実であろう。欧米列強のアジア植民地化に対する自国を防衛する意図。それが、周囲の国々との共栄によって達成されるべきであるという思想は民族自決という高邁なものだと思う。日本人はその理想に酔い、さほど日本と交流のなかった東南・南アジア諸国の共鳴を得ることはできた。しかし、実際には大陸半島との間には残虐行為もあり、中国の中華思想と朝鮮の事大主義はそれを認めなかった。一気に理想を実現できるほど安易なものではなかったのである。そして、そんな日本の描いた理想の押し付けの結果、北朝鮮問題や在日の問題が今に残っている。しかしながら、市民のレベルでは、現在見られるような一部の人間達の誇張な喧伝にあるような、そんないがみ合いだけがあったわけではないことは、さまざまな記述から見て取れる。

 もう一つの問題である中東で起きている事々を理解するには、ユダヤ人問題・石油問題を避けて通れない。日頃より、現在イスラエルに住むような白人がアラブ人に囲まれた彼の地からなぜ出生しているのか、私の疑問であった。とはいえ、白人との混血が進んだマジャール人やフィン人の例もあるため、そのようなこともあるのかと納得させていた。しかし、ネットを眺めていたところ、ユダヤ史をまとめた文章に行き当たった。そこには、以下の事実が書かれていた。ユダヤ人はエルサレム周辺に起源を持つセム系民族のスファラディ(Sephardi)系と、8世紀前後に黒海北方にあったトルコ系白人による国家ハザール汗国の国家的改宗によって生じたアシュケナジー(Ashkenazi)系に分かれるというのである。後者の人々はその後、東欧からヨーロッパに拡散していく。今のイスラエル人の大半は後者であるということが宗教と共に人種の観点から重要であろう。そのことからして、この建国の意義など、商売上手な一部のユダヤ人たちの石油メジャーを含む国際企業体による、国家を超えた陰謀説が囁かれるのも無理はない。
 とはいえ、ユダヤ史は迫害の歴史であり、それを眺めることは、宗教の一側面としての排他性を強く意識させる。それとともに、国体の維持のために使われるさまざまな手法は、素直な人間性の一部分を歪めるように思う。といってもわたしは性善説にも性悪説にも組しない。そんなことを論議しても意味がない。ある環境におかれれば、人はあるものを良いと感じ、あるものを悪いと感じるように育まれる。生存競争の中に置かれている現実と、不安を遠ざけようと脳が作り出すイメージとの乖離が甚だしいほど、人はエネルギーを持ち得るが、そのことが周囲を幸せに導くのかどうかは分からない。常に生存競争には、新興勢力による既得権益との戦いがある。このことは、アラモ砦以来のアメリカの開戦理由を探ってみれば明らかである。もともと彼らには既得権益がなかったのだから。関西の各所に点在する陵墓を調査したら、古代日本の成立の謎が明らかになるかもしれないというが、その明らかになることとはこれらと似たようなものである可能性は否定できない。

 平穏の中に生きつつ、不安としての戦いを恐れるからこそ、新しい価値の創造でもって、既得権益との直接的な戦いを避けて勝利しようというのが、現代での上品な戦いになっているように思う。いや、もちろん、これまでも新しい価値を創造したものが戦いに勝利してきたわけであるが、土地所有や人的支配という直接的な支配をせずとも、世界経済の中に生きるわれわれは既に創造への期待にたぶらかされた経済による支配が実感できる。この創造性の戦いは、これはこれで厳しい戦いかもしれない。敗北しても実害は少ないとはいえ、その分やり場のない怒りが残る。とはいえ、実害がないのだから善しとすべきなのだろう。いずれにしても、生かさず殺さずの状況の下に、期待と諦念と共に生きるということである。寧ろ安穏としていることの方が為政者からは恐れを持って眺められずに済むのかもしれない。

 歴史を知り、ifという疑問符を持ち込んで検討することは、後学に繋がることかもしれない。しかし、歴史が常に何がしかの背景を持つことに気がつかされることで、我々に自由は残されていないという暗澹たる想いを強くする。そうではあるが、その意味で過去の出来事を正しく受け止めることで、諦念と昇華による真の自由や理想への着実な階段を上れるのではないか。そのためには、知性と行動力に満ちた個人による国を超越した連携という戦略が必要であろうし、そうした個人を育成する(?)ことが、今こそ求められているのかもしれない。ちょっと飛躍しすぎか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | February 2005 »