« 世界とは・時空とはII | Main | 歴史を学ぶ? »

思考の源泉I―不安と安全

 故あって、「講座 自閉症療育ハンドブック」を読んでいる。この症状が、脳の生理学的なダメージに基づくであろうことについての傍証が次々と並べられ、読む者を辛くする。自閉症児の異常行動の多さは、他の精神医学的な症例と比べても多いらしい。しかし、それが現実であり、避けて通ることは出来ない。それに対処するとして、その異常さが何に由来するのかを理解したい。
 彼らや周囲にとっての大きな困難は、突発的で日常生活に織り込まれていない事件にぶつかったとき、それに対処できずパニックを引き起こすということであるらしい。逆に言えば、彼らは日常反復される事々に安心して取り組めるということである。これらを考慮して、自閉症児を養育しようとするTEACCHというプログラムがある。これは、周囲の理解の下、彼らに不安を起こさせる事件を回避し、ルーチン的な作業に彼らが安定して付けることを目指して、共存を図っていこうとするものらしい。
 会話はルーチン的な作業ではない。であるから、そのような不安を呼び起こす事態をなるべく回避する、それこそが自閉であるのだろう。その意味で、彼らは慣れ親しんだ記号や文字のなかには埋没できても、そんな臨機応変さを身につけることは容易ではないのだろう。

 それを踏まえて自分の内面を探ってみれば、その種の性質も自分の中にもちろんある。それを個人の問題に帰着して終わるのは簡単だ。しかし、そうではなくて、生物本来のありようとはそもそもルーチン的なものだと考えたらどうか。つまり、何かを成そうという意思はなく、ただ生き、遺そうとする存在だということだ。そうすると、ヒトとは、脳の肥大に伴って、そのような思考ができるようになった存在だと考えることもできよう。そうなれば、他の生命との間には大きな溝があることになるが、それは本当だろうか。連続的な進化を念頭に置くなら、それは安易には受け入れがたい。

 そうではなく、思考とは、突発的な事象を日常化するための、生命の本能的な働きが源泉にあると考えられないだろうか。多分、中井久夫先生が言う「安全保障感」と関わるのだろう。安全の危機、不安を回避する能力が高いほうが環境に適応しやすいだろうことは想像できる。現代ではそれを学習という形で取り出して人を訓練し、集団としての安全保障感をも高める営みを続けている。
 このあたりは以前にも書いたが、いま一度しばらく考えてみようと思う。

|

« 世界とは・時空とはII | Main | 歴史を学ぶ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/2073898

Listed below are links to weblogs that reference 思考の源泉I―不安と安全:

« 世界とは・時空とはII | Main | 歴史を学ぶ? »