« 仕事と勉強は対立するのか | Main | 科学することの意味って »

大学と研究所I−大学の意味って

 大学教員と研究員という二つの職業の違いについて、これまでの経験を踏まえて総括したいと思い、いろいろ考えている。こんなことを考え始めたのには3つほどのきっかけがある。一つは未熟さをさらけ出すようで恥ずかしいが、研究室所属した4年生が三年連続で大学院に残ってくれなかったこと。二つ目は最近のある公立大学の運営に関して。もう一つは内緒の理由。それらを踏まえながら、数回に分けて書いてみたい。


 研究員だった頃、当然のごとく(?)研究に没頭していた。できることを先駆けて進めることに懸命だった。狭い分野の中とはいえ、世界の研究者が注目している目の前の問題を問い、突き詰めるところに、自分の存在価値があるんだと思っていた。それを解くための勉強は仕事である。こういう論理はわかりやすいし、やっつけ的なやりかただが。

 大学教員は同じことも出来るが、そうではないやりかたにもなりえると思う。利益に直結しやすい研究なら、寧ろ企業の方が進んでいるから、大学の研究なんておままごとみたいなもの、という認識も一部にはあるらしい。ということは、大学教官の存在意義って言うのは、ややもするといい加減になりがちな基礎的知識の継承と啓蒙。それと、すぐには利益にならない知的探求であろう。だとすると、いわゆる最先端じゃない。それは、同期のある助教授先生も言っていた。
 となれば、昨今の大学などへの研究に対する尋常じゃない肩入れって何だろうと思う。企業が見向きもしないような内容のことを黙々とやるってだけでなくて、それがいつぞや(といっても近い将来に)金になるような、そんな仕事をしろってことなんだろうが。あるいは、金になる可能性がある今まで溜め込んでいた蓄積を、ここで一気に吐き出して、景気の悪い世に貢献しろってことなんだろうか。じゃあ、持ち直しつつある今、また方針転換があるだろうか。

 他方、教育という観点で言えば、学生は若くてやる気はあるが、世の中の現実についてはたいして知ったものじゃない。また、安易に生き甲斐を見つけたがって、今流行の仕事を選びたがる傾向がある。もちろん、彼らの意気込みはそれでいい。最先端で頑張りたいなら、それもいいことだ。そんな彼らをうまくガイドして、将来役に立つ人材を養成するところにも高等教育の意義があるんだろう。
 これを実行するには、ナイーブで誠実な人間性だとか、そんなことだけではできない別の戦略が必要だろう。あくまで、世の中に役に立つ人間が要るからこそ、税金まで投入して教育するのだから。手練手管。理想と現実。これこそ現実なのだ。
 それが総体というわけじゃない。それは分かっちゃいるが、わたしらしい地味で着実(?)な御仁が集まってこないんだ。そういう人材は居ないってことではないんだよね。

 さて、当の学生たちは研究をどう思っているのか。多くは、あくまで出世に便利だから、勉強しときなさいって言われるだけ。もう少し考えている者も、自分の成長が中心にある。それは、当然「お仕事」じゃない。お仕事とはみんなの役に立つことだから。そして、さまざまな利益が授業料位のペイで手に入ると思っている。

 じゃあ、そんな人材を抱えて、大学は一体何をするというのか。せいぜい知の訓練所であり、倉庫であり、裁判所なのかもしれない。学生にとっては訓練所という通過点に過ぎず、社会にとって見れば役に立たないガラクタも含まれた倉庫だし、互いには監視しあう裁判所みたいなものか。もちろん、研究という知の実践なくして知の修得は困難になるから、それが出来なければ倉庫としての役割だって担えないから、研究をさせるわけだが。

 しかし、大学には、金という分かりやすい人間相互の価値のやり取りの単位とは無縁に生きることが出来るシステムがあったはずだった。大学のプライドは、知が公に無償で開かれているところから出ていたんじゃないのか。
 とはいえ、知は、それだけでは金にならないが、生活の知恵である以上、労働と結合して金になる。だからこそ、大学を出た若者たちが、その経験を踏まえつつ、経済活動に没入できるのだろう。それでも、大学は金にするところを放棄しているところに、プライドがあったんじゃないのか。しかし、今は自ら進んで金にしろというのである。アメリカがそうだから、できるだろうと。極端に言えば、今理系の研究室に求められているのは、民間の中小企業みたいなことをしろということだ。わたしはナイーブ過ぎてこれに戸惑う。

 他方、そんな私の勝手な思いは、今の大学教員としての生活を物足りなく思う。私は人に教えることと、研究することを比べろといわれたら、研究を取る。ただ、研究に限ってでさえ、段々全てを一人で出来なくなってきていることはわかる。しかし、自分で出来る今だからこそ、没頭したいとも思っている。一人で少し研究費をもらえたら出来そうに思うが、それは甘えた考えなんだろうか。若手教員の存在意義を、大学はどう考えているのか。委員会などの仕事に駆り出すのはいい。大学運営は大切なことだから。しかし、未熟で、言いなりになる便利な存在として利用しているんじゃないよね。昨今、民間から教授を採用する策を見ると、結局教育に葛藤し模索することが安易に考えられていると思う。社会経験があるからOK?。もちろん、教育は学校の専売特許ではないだろう。また、著名な人なら容易に学生を屈服させられる打ち出しがある。そうではない枯れた学問を専攻する人においては、ほかに秀でたものがないと、頼みは交渉術か。
 そんな本質と違うことと、昨今の他者を省みない学生気質がマッチしているというなら、身勝手に生きろということなんだろうか。

|

« 仕事と勉強は対立するのか | Main | 科学することの意味って »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/935398

Listed below are links to weblogs that reference 大学と研究所I−大学の意味って:

« 仕事と勉強は対立するのか | Main | 科学することの意味って »