« 「研究=勉強」というイメージ | Main | 売れない本の現状に思う »

変転する時代の価値と個人の一貫性

 世の中は動いている。さまざまな価値が消えては浮かぶ。かつてはタブーだったことが、いつしか違和感なく社会に受け入れられていることもある。
 それに対し、個人の変化は遅々として進まない。受け入れるんじゃなくて、「自分がこうしたいから、こうしてください」という周囲を思い通りにしたい願望が根にあるから、自分が変わるんじゃなくて世の中が変わって欲しいと思っている。ただ時の流れをふわふわと受け入れるのは容易ならざることだ。
 それに、ころころ変わると、あの人は付き合いにくいということになる側面もあるだろう。ただ、ここで言っているのは、主体性のない人のことではない。

 自分の信じるところに邁進する強さと、周囲や世の中の考え方を受け入れていくしなやかさは、共存不可能ではないのじゃないか。信じることを修正することや、周囲を受け入れないということも、それぞれの自由であろう。想いを通したいならそれなりの作戦が必要だということだ。

|

« 「研究=勉強」というイメージ | Main | 売れない本の現状に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/850569

Listed below are links to weblogs that reference 変転する時代の価値と個人の一貫性:

« 「研究=勉強」というイメージ | Main | 売れない本の現状に思う »