« 嗚呼 | Main | なんのために日々汲々としているのか »

十年やって一人前

 この言葉ってどんな場面で使われているんだろうと思ってググってみたら、こんな文章に行き当たった。あんまりにも暖かい文章で、最近のわたしが忘れていた気持ちかもしれない。
 いやいや本当は忘れているんじゃなくて、結果ばかり急いている現状を批判的に捉えたい気持もあります。でも、一方で十年経つとこのひとはどうなるんだろうという見守っている側の不安もある。

 十年やって一人前だけど、それは時間だけの意味じゃない。とはいえ、いろいろ上司に文句だのなんだの言われても、厳しい環境の中に自分をそれだけの期間置くことって、結構しんどいことだから、それは無価値じゃない。
 難しいんですよね。研究に限らず、十年しっかり打ち込めれば、それなりの人物になるんだろうけど、研究は大変だからやめときますって、そういう問題じゃない。十年打ち込む覚悟がその時点で出来るかってことだろうし、別に研究なんてそれだけで取り立ててすごいはずもない。

 そして時間だけの意味じゃないっていうのは、技術の修得に十年掛かるばかりではなくて、就業年齢になって仕事上の責任を負いながら十年生きるということにも意味があるんです。フリーターで責任を負うことを避けて十年やったって(もちろん全てのフリーターって言っていません)、その技術的側面はともかくも、人間としての成長を逃げたツケは回ってくるのだと思う。普通の世の中では、これはできませ〜んって逃げちゃうと、その時点で降りたんだとみなされるから。だって、みんないろんなことを考えてやっているから、自分の好き嫌いだけで押し通せないのがお約束なわけです。だから、自分勝手を通したいなら、それに見合った何かをみんなに返さないといけないわけで。そのあたりの機微が見えてくると、自分の専門性も高めておいて、自分のしたいことを作ってそれで返せるようにして、ある程度楽をしつつみんなに貢献したい(だから、いやな法則になるんだろう)。だけど、それは責任を負わなければ、自分の専門性を構築しようっていう強い思いに至らない。学生のうちの勉強って、関心だけで進めていて、厳密さを欠いていたり、論理の飛躍を放置しておいたり、そういうところが目に付く。要するに実務的じゃない知識になっている。でも、その関心は大事にして欲しいと思う。それが目の前にある問題の片付け方、要するに仕事に仕方に反映されるから。それこそがユニークさだと思う。
 まあ、そんなこんながあっての十年なんだと思う。

 このあたりを分かって欲しいけれど、そういう立場にないんだから、無理なんですよね。わたしも分かっていなかったように思うし…。

|

« 嗚呼 | Main | なんのために日々汲々としているのか »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/819469

Listed below are links to weblogs that reference 十年やって一人前:

« 嗚呼 | Main | なんのために日々汲々としているのか »