« 暴力への恐れ | Main | 分類される私 »

心を開く

 今朝は変な夢を見たからか、そんな夢を見る原因が先にあったのかどうかは分からないが、不安が心を占めていた。そのことは、すぐに反映される。要するに顔に出ている。

 自分が不安に直面するとき、それはほとんど人との係わりのなかにあるのだが、どうやら、心ではなくて知や理が勝ったときにそれが起きていることもあるようだ。いや、もともと、知や理で進めようとしていて、心を蔑ろにしてきている。それが、不安に直面して、先鋭化する。一方心の働きをなぜか抑制しようとする自分に気づく。知や理で持って解決しようとする。多分、そのこと自体は悪いわけではないのだが、周囲から離れた孤独な営みに見えるだろう。人を寄せ付けない何かが現れている。

 「心を開く」。多分、これが、自分の統一を侵すことなくより快い状態に到達するために必要なことなんだと感じている。考えていると書いていないところが、私らしくなくていい感じだ。これまでは、心を開くと、自分が失われてしまうと思っていた。心を開くと、自分の中に世界が入ってきて、自分を壊してしまうと思っていた。

 そうやって日々意識して、生きていくべきなのだが、さまざまのことごとに翻弄されて、うっかりしてしまう。もっと自己チェックをできるようにしなければならない。

 皆さん、御免なさい:-)

|

« 暴力への恐れ | Main | 分類される私 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29245/457499

Listed below are links to weblogs that reference 心を開く:

« 暴力への恐れ | Main | 分類される私 »